5ちゃんねるヘ書き込みを行う際に心配となるのが、個人情報の保護です。
自分の名前や住所がネットに晒されると気持ちよくありませんし、さまざまな実害を生む可能性があります。

果たして5ちゃんねるの匿名性は、きちんと保たれているのでしょうか?
安心して掲示板が利用できるように、その点を詳しくチェックしてみましょう。

日々の生活とネットの距離が非常に近い現代だからこそ、個人情報については敏感になる必要があります。
5ちゃんねるでの書き込みを通して、今一度自分の個人情報の扱い方について考えてみましょう。
ネットを安全に使うための心がけを理解できれば、これまで以上に深い楽しみを体感できますよ。

個人情報について

基本的に、5ちゃんねるヘの書き込みだけで個人情報がバレることはありません。
ただ5ちゃんねるはあなたが書き込みを行ったIPアドレス(個々の機器を判別する番号)を記録しているため、正当な理由によって開示を求められた場合は個人情報が他者の目に触れる可能性があります。

しかし、よほどの事件でない限り個人情報が開示されることはなく、一般ユーザーに公開されることもありません。
ルールを守ってふつうに5ちゃんねるを使っていれば、個人情報について心配する必要はないといえるでしょう。

たまにイタズラ目的で、名前欄に「fusianasan」と入力することを誘導されることがあるかもしれません。
これは書き込み側のリモートホストを表示する機能なので、アクセス情報をバラさないためにも「fusianasan」の書き込みは避けるようにしましょう。

特定されるような書き込みはしない

個人情報の特定でもっとも注意したいのが、自分の書き込みでの身バレです。
自分ではそんなつもりがなくても、気づいたら住所や職場を特定できるような情報を書き込んでしまったという例はよくあります。
個人情報の流出を心配する前に、まずは自分自身でしっかりと情報を守るように努めましょう。

5ちゃんねるには、特定のお店や地域を語る板が溢れています。
そういった場所での書き込みには、よりいっそう個人情報に気をつける必要があるでしょう。

自分以外の情報も気軽に扱わない

5ちゃんねるでの個人情報の取り扱いで気をつけたいのが、自分以外の情報です。
家族や友人の情報は、自分のものと比べて雑に扱いがちになってしまいます。

「これくらいならバレないだろう」という慢心は余計なトラブルを生むことになるので、他人の情報は自分のもの以上に気を使うことを忘れないようにしましょう。

まとめ

5ちゃんねるの書き込みには、きちんとした匿名性が保たれています。
ですが、最後に個人情報を守るのは、やはり自分自身の言動にかかっているのです。

ネットを快適に利用し続けるためにも、個人情報を自分で守るという心がけは常に意識していたいですね。