5ちゃんねるのスレッドは、1000以上のレスを保有することができません。
いっぱいになったなら、新しいスレッドを立てましょう。

しかしスレ立ての方法を熟知していないと、いざ新しいスレッドを立てるときに時間をかけてしまい、他のユーザーの迷惑となる可能性があります。
5ちゃんねるを快適に利用するためにも、スレッドの立て方はしっかりと把握しておくようにしてください。

スレ立ての方法がわかっていると、自分のスレを立てて会話を楽しむことだってできますよ。

スレ立てもユーザーの自主性に任されているため、立てないからといってなにかペナルティがあるわけではありません。
けれど5ちゃんねるを便利な掲示板とするには、個人の努力や積極性が不可欠なのです。

スレ立ても交流の1つとして、ぜひ挑戦してみてくださいね。

スレッドの立て方

スレッドを立てるにはまず立てたい板を選び、スクロールして下画面に出てくる「新規スレッド書き込み画面へ」というボタンを押します。
すると入力フォームが現れるので、スレッドのタイトルと本文を打ち込みましょう。名前とE-mailは空欄でかまいません。

スレッドには単発のものと、ずっと続いている継続のものとの2種類があります。
継続しているスレッドの場合、立てる際に本文に記載するべきテンプレートが存在するかもしれないので、あらかじめ注意しておきましょう。

どのタイミングで立てるべきなのか

単発のスレッドなら、自分の好きなタイミングで立てればOKです。
継続しているスレッドの続きを立てる場合は、現行のレス数を確認してから立てる必要があります。

多くの場合スレッドの冒頭に「次スレは○○(数字)がスレ立て宣言をしてから立ててください」という記載があります。
自分のレスがその番号に該当したときは、ルールに則ってスレ立てを行いましょう。

レスの速さにもよりますが、だいたい950~980がスレ立てのタイミングとなっています。
スレッドの後半に書き込みを行う場合は、自分の番号に気をつけておきましょう。

どうしても立てられないときはそのままにしない

事情によっては、どうしてもスレ立てが行えないというときもあるでしょう。
そういったときはそのまま放置するのではなく、別の誰かにきちんとスレ立てをお願いすることを忘れないでください。
レス番を指定して引き継げば、スレッドが立たないという事態を避けることができるでしょう。

まとめ

スレッドを立てられるようになると、5ちゃんねるの世界はいっきに広がります。
単発・継続に関わらず、書き込みをするのならぜひスレ立ての手順を把握しておいてくださいね。

スムーズなスレ立てができれば、5ちゃんねるを使いこなしはじめているといえるのかもしれません。